岩出市生涯学習講座(9月)を受講した!

岩出市9月の講座は人権講座。


人権!!??


などと、言われると、とっても抵抗感がある世の中だ。

本来は、そんな抵抗感感じるような言葉でなかったはずなのに、、

すっごい大事なもののはずなのに。。


人権はうさん臭いし、ダサイ!


そんなイメージがついちゃってる気がする。

それもこれも。堅苦しく教育するせい?人権の名のもとにおかしな活動をする団体がいるせい?


いろいろ理由があると思いマスが、、


それはさておき…笑

おいとくんかい!?笑



今月の講座は、、

愛知医科大学看護学部非常勤講師の

岩崎順子さんを招いて、

{97歳のおじいちゃんも昔は赤ちゃん)という講演をして頂きました。


最初は、ちょっとマジメで堅い話なんやろなあと思って抵抗あったんですが、

ところが、どっこい、、涙あり笑いあり、考えさせられる所ありの面白い講演でした。


…この講演。岩崎さんのおじいちゃんの死が中心となるお話です。

だから、本来、笑いありというのはおかしいのですが、

岩崎さん自身がおかしく話す話術をもってはるのだから仕方ない。


でも、やっぱり岩崎さん。しめるところはしめはって、最後は、おじいちゃんが天寿

を全うするまでに、いっぱい思い出を残していった。人の一生は周りの人にこんなにも影響を

与えるもんなんや~。ってことが伝わってきました。

ほんと、いい講座でした!



で、結局、講演後、ボクが、感じたことは、


人生ってやっぱいっぱい詰まってるなあ。


ってこと。


人生を最後まで生き抜くってのは、今の世の中、、厳しいことヤケド、

もし生き抜くことができたなら、その人の一生はいろんな人に影響を与え、、

また影響を受けて、その繰り返しで、凄い壮大なストーリーが出来る。


で、そのストーリーはその人の死で終わっちまうわけではなくて、

その人の影響を受けた人がそのバトンを受けて、、って。


…なんか、壮大ですよねっ。ええですよねっ。


なんかそんな人生を、みんなが全うできたらスバラシいなあと思います。


…特に、岩出市民は。笑(ゴメン利己的で!)


で、やっぱり皆が人生を全うするためには、

皆が住みやすい町でないとだめ。


住みやすいまちってのは、やっぱ、周りの人が一人一人を尊重できる社会。


尊重っていうと、また、うさんくさいけど、


全然しらん、一人一人のあかの他人が、実は、すごい可能性を秘めてるんだ、


って感じることだけでええんやと思います。


こいつ凄い奴かもしれんって思えれば、

いじめ問題にしろ、こいついじめたら、こいつの可能性奪えへんやろうか。

相手の可能性を奪うだけや亡く、凄い可能性ある自分の将来もつんでしまわないかとか。

相性悪いやつやけど、ずっとこいつと相性悪いままなんかなあ。

こいつとつきあえたら、もっとおもろい人生になるんやないか。

とか。自然と人を尊重できるような気がするわけで、


何にせよ、

人権、人権とか。

尊重、尊重とか。

セミのように耳障りな声でなくんやなくて、

その内容をみんなが、

そら、そうやねえ。

と共感できる形にしなくては!


今回の講座はそれが、直球で伝わりました。

ほんと、ええ講座やったとボクは思います。

こんな感じの講座をTVもつくらなあかんで。ほんま。


【蛇足】


…イワデシ生涯学習講座は、ボクよりも何十年と人生の先輩が多く参加されてます。

つまり、ご自身のお父さん、お母さんが亡くしたかたが多いです。

だから、この講座を受けて、ご自身のお父さんお母さんのことを思い出されて、

涙する方がたくさんいました。そんで、いろいろ自分が教えてもらったことなど、、

再確認しはったんだと思います。


ただ、ボクは、おかんどころか、祖父祖母も健在!


それでもおかんは年とったなあ。

迷惑かけてきたなあとか。いろいろ反省。

親孝行しとかなあかんな。うん。

でも、まだまだ働けるし、甘やかしたら早く老化するよね。

親孝行はするけど、甘える年でもないし。しめるとことはしめて?頑張って貰おう。

うん。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 俳句趣味

    Excerpt: 俳句講座では、俳句に興味を持った初心者の基礎から俳句の楽しみを感じることのできる上級者まで、 さまざまなカリキュラムを用意しています。慣れてくれば、頭に浮かんだ言葉をスムーズに並べて、 自分の詩を.. Weblog: 体験学習 なんでもチャレンジ racked: 2007-09-23 10:43